忍者ブログ
Kintetsu Futsal Club 大塚和慎のブログです
[138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/22 あぶちゅう]
[02/23 あつし]
[07/17 オスカル草葉さんへ 大塚です!]
[07/15 オスカル草葉]
[06/27 よっちゃんさんへ 大塚です!]
[06/27 よっちゃん]
[06/24 たんぽぽさんへ 大塚です!]
[06/22 たんぽぽ]
[06/10 もりさんへ 大塚です!]
[06/09 昔ながらのフットサルファンさんへ 大塚です!]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
大塚和慎
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
ひなたぼっこ
自己紹介:
大塚和慎(おおつか かずのり) 
33歳・175cm・65kg 大阪府出身

サッカー暦27年 
高槻松原⇒高槻十中⇒大商学園⇒大阪体育大学

【主な全国大会暦】
・全日本少年サッカー大会 出場(小学6年)
・全国中学選抜サッカー大会 出場(中学2年)
・インターハイ 出場 (高校3年)
・インターカレッジ 出場(大学1年)

大阪体育大学サッカー部 主将など
大阪選抜、関西選抜など

フットサル暦9年
【近鉄フットサルクラブ】
 ・全日本選手権大阪大会優勝 2回
 ・全日本選手権関西大会準優勝 2回
 ・関西リーグ優勝1回 準優勝 3回 3位 1回
 ・地域チャンピォンズリーグ3位 2回
 

【大阪選抜】
 ・全国選抜大会 優勝・準優勝

【個人成績】 
 ・第1回地域チャンピォンズリーグベスト5
 ・関西リーグ ベスト5(4回)
 ・大阪選抜2000~2006年
 ・関西選抜2009 
 ・日本選抜などなど
 ・日本代表 アジア選手権出場(イラン大会)
  7試合 5得点

【契約メーカー】
  ・ケルメ(スペイン)
   2003~2010

【所得免許】
  ・第1種教員免許(保健体育)中学
  ・第1種教員免許(保健体育)高校
  ・JFA公認サッカーC級ライセンス
・JFA公認フットサルC級ライセンス

【好きな食べ物】
  ・焼肉と寿司

【好きな言葉】
  ・「目標とは達成すべき結果である。」

【好きなサッカー選手】
  ・ヨハン クライフ
  



 
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2つの引き分けを踏まえ、本日の練習から再度「心機一転」で




頑張るつもりの31歳でございます




気持ちではわかっていても、なかなか行動にするのは難しいものです



つくづく痛感します




若手もベテランも手を抜いてる訳ではないんですが




しかし何かが足りない・・・




色々考えました・・・




やはり「勝ち」に対する執念と試合への「準備」でしょうか




勝ててる時はやはりそれがあり、準備も出来ていた




勿論それだけではない事はわかっているんですが、




リーグが始まっている今からすぐに修正できる事は




やはり現実問題として限られていますからね




勿論、戦術や相手の能力によっても勝ち負けは左右されますが、




それ以前の問題なのでは




と感じます。




今年の関西リーグは、どのチームにも優勝の可能性がある反面





どのチームにも降格の可能性がある




12チームの「力」が均衡している。





だからどのチームと試合をしても、自分達の「スタイル」「形」を





しっかり持たなければ勝ち点は取れない。





それは逆に言えば「スタイル」「形」を持ったチームは




均衡しているリーグでは、どのチームと試合をしても




優位に試合を進められるという事。




相手がどこであろうと自分達の力が発揮できるチームになれば




最後には上位に食い込めると思う。




自分達の「スタイル」「形」とは・・・




それはうまく言葉では表現できないんですが、





チームの皆が去年のシーズン、連勝できた時に選手自身が感じた





感情であったり、気持ち、プレースタイル。




あれが「近鉄フットサルクラブ」のスタイル・形。




それをもう一度自然に作り出せれれば、自ずと「勝ち」は





手に入る。






もう一回皆であの時の「スタイル」と今は何が違うのか




あの時の「形」と今は何が変わってしまったのか





を議論する必要がある。





団体競技は本当に難しい・・・





































PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]